ゲーム紹介【エイトミニッツエンパイア】 | ブログ | 卓上遊戯創作処 桜遊庵

ブログ

2013.09.01

ゲーム紹介【エイトミニッツエンパイア】

余裕がある時には簡単にゲームの紹介もしていけたらな、と考えておりまして。
アンタそんなことやっている余裕があるのかい?
と突っ込まれてしまうと困ってしまうのですが…。
第1回目は最近話題の?「エイトミニッツエンパイア」を紹介したいと思います!

「エイトミニッツエンパイア」
プレイ人数 2~5人
プレイ時間 20分ぐらい

8分間で終わる!という触れ込みの陣取りゲームです。
お手軽なのに悩ましい、よいゲームです。
8分間で終わると謳ってはいますが、実際は20分ぐらいかかります。

5つの大陸で陣取りをしつつ資材も集めてポイントを稼いで、最後に1番ポイントを稼げた人の勝ち!
ざっくり言うとこんな感じです。

何やら色々要素はありそうなのに、なぜそんなに短く終わるのかというと、1回の手番に行うことは
複数並んだカードの中からカードを1枚購入して、そのカードに書かれている効果を解決するだけだからです。

自分のコマを新しく配置する、とか。
配置しているコマを移動させる、とか。
船を使って別の大陸にコマを移動させる、とか。
新しく拠点を配置する、とか。

さらにそれぞれのカードには宝石や木材などの資材も書いてあります。
資材はゲーム終了時に、同じ種類(木材なら木材)を集めた個数によって種類に応じた得点が入ります。

購入すると同時に資材が手に入り、コマを配置したりもできる。

もちろんちゃんとバランスも取られていて、たくさんコマを置けるカードには資材は数が少なく書いてあったり。
その逆もしかり。弱いアクションには効率よく稼げる資材が書いてあったり。

今はコマを置くときなのか、それとも資材を集めるのがよいのか。
カードを買うにも、山札からめくられた直後の新しいカードは値段が高めになっていて、
古くなって人気がなくなればタダ同然で入手できるようになります。
このアクションはやりたいけどまだ高くて買いたくない!みたいな悩ましさが生まれます。
しかもこのゲーム、お金は最初に配られたっきりで増えません。減る一方です。
資金の管理もきっちり行わなければいけません。

そして全員が規定枚数のカードを購入(アクション)したら、ゲーム終了で得点計算です。
エリアごとの得点計算と大陸の得点計算、それに集めた資材の得点を合計します。


終了したときの図。カードがきちんと写っていないのが残念です…。

短いのに考えるところもありで、本当によいゲームです。ルールもわかりやすいし。
終わった後の会話で出たのですが、お手軽にできるエルグランデという感じかも?アレもとてもいいゲームですよね。

さて、そんなわけで最近オススメの「エイトミニッツエンパイア」でした。
機会があったらぜひぜひ遊んでみてくださいね。

ページの先頭へ